断捨離の効果

断捨離(だんしゃり)とは、簡単にいえば、不要なモノなどの数を減らし、生活や人生に調和をもたらそうとする生活術や処世術のことをいいます。

そんな断捨離を行うことで、どのような効果が得られるのか、みていきましょう。

効果 その①

 部屋が片付く 当たり前のことですが、断捨離を実践すると、部屋がきれいになります。

断捨離と片付け術の違いは、「片付け方」を学ぶのではなくて「片付けられない原因や散らかさないための考え方」を身につけられる点です。

ムダな物を捨てて部屋を整理できるので、当然キレイな部屋づくりが実現します。

そして、新しく入ってくる物を断つ、物へ執着することから離れるという考え方によって、一度片付いた部屋を二度と散らかすことはありません。

効果 その②

 仕事・勉強の効率が上がる 環境が良くなることと、考え方が整理されることで仕事や勉強の能率UPの効果が得られます。

断捨離の考え方は、不要なモノを捨てる、そして不要な考え方を捨てる。

必要なモノだけを買い、必要な考えや知識だけを入れる。

自分の仕事机・勉強机や身の回りのものが整理されると能率が上がります。

そして、ごちゃごちゃした頭の中をスッキリと整理した状態で考えることによっても能率が上がります。

効果 その③

 人間関係がよくなる 物を捨てて整理することだけが「断捨離」ではありません。

断捨離はあらゆることに活用できる特徴があり、それは人間関係においても例外ではありません。

断捨離をすることで、現在の自分の身の回りの人間関係を見つめなおしたり、整理できます。

人間関係を整理するというと言葉がちょっとおかしいですが、自分にとって大切な人と、そうでない人の判断をすることで、より良好な関係性が保てるようになります。

自分にとって大切な人に対しては、積極的に接するように心がけたり、今まで以上に感謝の気持ちを伝えるのが良いでしょう。

よく考えるとあまり大切な人じゃないなと思う人とは、接する機会を減らして別のことに時間を使ったり、一歩身を引いて接することで、良い人間関係が築けるはずです。

効果 その④

 お金が貯まる 断捨離によって「ムダな買い物をやめる」ことができます。

必要最小限の必要なものだけを購入するようになるので、結果的にお金が貯まることに繋がります。

買い物だけにとどまらず、ムダなことをやめたり(例えばムダな電気を使わないなど)することでもお金の節約になります。

人の物欲はいつまでも尽きないので、いくら買っても買いたりません。

それが金欠を引き起こし、多くのものを所有することで部屋も散らかってしまう原因になるのです。

効果 その⑤

 自由な時間が増える 部屋がキレイになると仕事の能率はもちろん、あらゆることの能率が良くなります。

ものごとの能率が上がり、早く片付くようになれば、そこには自由な時間が生まれます。

さらに、断捨離によってムダな時間を捨て、自由な時間を確保できるようになります。

効果 その⑥

 健康になる 断捨離によって部屋の片付けができると、スッキリします。

スッキリした部屋の方がキレイで清潔感が生まれます。

清潔な部屋で生活をするほうが健康になることは当然です。

また、その他にも人間関係が良くなったり、お金が貯まったり、自由な時間が増えるなど、断捨離によって導き出される効果やメリットはたくさんあります。

人間関係が良くなることでストレスが減り、お金が貯まることで食生活や住環境も良くなる、自由な時間が増えればジムに通って運動をしたり、睡眠時間をたっぷりとれます。

その結果、健康や長生きにつながるといえるでしょう。

効果 その⑦

 前向きになる 断捨離すると、ムダなものを捨てて、必要なものだけを買うようになります。

ムダなものは「嫌なこと」と言い換えられるかもしれません。

必要なものは、「好きなこと、お気に入りのもの」と言い換えられるかもしれません。

断捨離を続けることで、自分の好きなモノや好きなことが周りに増えていくので、前向きな気持ちになれたり、幸せになれます。

嫌なことや苦手なことを避けて、好きなことや得意なことばかりを取り入れるのは、良いことはどうかはわかりません。

しかし、その環境は自分にとって幸せであることは間違いないはずですし、人が求める自然な行動といえるでしょう。

このように、断捨離には実践することで得られるメリットがたくさんあります。

正しく実践して、このようなメリットを得られるようにしましょう。