断捨離の方法

 断捨離の方法ですが、主に3つのステップに従って行う必要があります。

その3つのステップとは、
ステップ1・『断』(断行)新しく入ってくるモノを断つ
ステップ2・『捨』(捨行)今ある不必要なモノを捨てる
ステップ3・『離』(離行)モノへの執着から離れる
この3つのことです。

ステップ1とステップ2を実践することで、ステップ3を実現するのが断捨離の目的となります。

 順にこの3つのステップをみていきましょう。

①『断』(断行)新しく入ってくるモノを断つ

 今どれだけ部屋が散らかっていても、新しくモノを買わなければ、これ以上部屋が散らかることはありません。

なので、一番最初に実践するのが、新しく入ってくるものを「断つ」行為になります。

断捨離といえばどうしても捨てることに目がいってしまいますが、モノをもらったり買ったり剃る前に、「本当に必要かどうか?」を見極める力を身につけることも大切です。

断捨離を提唱したやましたひでこさんによると、「断」を実行するためには、まず意識することからはじめるのがいいようです。

人はだれでも、モノを「無意識」に手に入れています。

「とりあえずもらっておいて損はない」からです。

そして、自分が気づかないうちにいつの間にか、無意識に部屋がモノで溢れかえっているという状態になってしまうのです。

例えば、街角で配布しているティッシュペーパー、夏場だったら紙のうちわを配っていることもあります。

もらっておいて損のないものですが、いつの間にか家にポケットティッシュが溢れかえっている状態だったり、夏が過ぎてもうちわが残っていたりするものです。

家のポケットティッシュがなくなっても、街を歩けばいつだって配っていますし、来年の夏になればまた街角でうちわを配ってくれます。

スーパーやコンビニのレシートも同じです。

とりあえずもらっておいて損はないので、つい無意識に財布の中に仕舞いこんでしまいます。

すると、いつの間にか財布の中がレシートで溢れかえっている。

コンビニなどではありがたいことに、レジの前にレシートを捨てるボックスがあります。

これを活用させてもらいましょう。

「新しいモノを入れないぞ!」という意識を持てば、もらったレシートを何かに使う予定がなければ、簡単にレジ前のゴミ箱に入れることができるようになります。

無意識に受け取ってしまったり、買ってしまうのではなく、まずは「意識する」ことからスタートして「断」を実践してみるといいです。

まずは現状からさらに悪化してしまうのを防ぎましょう。

②『捨』(捨行)今ある不必要なモノを捨てる

 これが断捨離のキモとなる一番重要な部分です。

とにかくいらないものを捨ててしまうことなのですが、「捨てたくても捨てられない」人が多いのは事実。

モノへの執着をなくし、いらないものを捨ててシンプル化することで、驚くほど部屋の整理が楽になります。

断捨離を実践するためには、モノをどんどん捨てる必要があるということだけ頭に入れておきましょう。

やましたひでこさんは、モノを捨てても心配することはなく、もし必要になったらまた買い直せばいいという考え方しています。

買い直す時に必要なお金は、「モノの預かり賃」だと思えばいいそうです。

実際に思い切って捨ててしまっても、83.6%の人は後悔したことがないとアンケートで回答しています。

とりあえず捨ててしまい、必要になったら買い直す。

この考えを身につけるとモノを捨てることが苦にならなくなります。

③『離』(離行)モノへの執着から離れる

 このステップ3の『離』は、特にやることがありません。

なぜなら『断』と『捨』を実践することによって得られる効果が『離』だからです。

断捨離は事実上、2ステップということになります。

不必要なモノを新しく買わない勇気、今持っているものを捨てる勇気、この2つを身につけることで、モノへ執着する心が次第になくなってきます。

 結果的に、部屋の整理が楽になり、キレイな空間を保つことができます。