どうしたらごみ屋敷を作らせないか?

 どうしたらごみ屋敷を作らせないようにできるのか、自治体・ごみ屋敷の近隣住民にとっては、非常に頭を悩ませる問題ですね。

まずごみ屋敷を作らせないようにする為には、ごみ屋敷を作ってしまう心理状態・原因を理解する必要があります。

当事者の気持ちも理解せずに単に止めるよう伝えてもおそらく難しいでしょう。

まずごみ屋敷にしてしまう原因として下記が挙げられるでしょう。

・ごみを拾い集めてくる。

ごみを拾い集めてしまう人は、ごみ(物)に対する執着心も強いようで、拾ってきては家に置き、捨てることができないのでどんどんごみがたまるというパターンです。

・整理整頓・片付けることが出来ない。

整理整頓・片付けることができない人の場合、外からごみを拾ってくることはあまりないでしょう。

しかし生活する上で出てくる生活ごみや色々なものが散らかって溜まっていき、そのままごみの部屋、ごみ屋敷となるそうです。

またこのタイプに属する人も、ものに執着心があり捨てることができない人が多いようです。

・ごみ(もの)に執着心が強く捨てることができない。

このタイプに属する人は、とにかくものに執着心があり物を捨てることができず、ものが溜まっていきそのうち、膨大な量となりごみの部屋・ごみ屋敷と化すパターンのようです。

・ごみが溜まった不快な環境にあっても、それを不快だと思わない。

一般の人がごみ屋敷・ごみ部屋を見ると悪臭や害虫、衛生的にとても不快でとても住める環境ではない異常な環境と感じますが、このタイプの人は、このごみ屋敷の異常な環境にたいして無頓着、平気なようです。

・ADHD(注意欠陥・多動症候群)のため片付けられない、捨てられない。

ADHDを日本語に直すと注意欠陥・多動症候群というそうで、原因は脳の障害だそうです。

症状としては、・衝動性・多動性・不注意などがあげられます。

ハードとソフト

 大まかですが、なぜごみ屋敷が作られるのかという点について説明してきました。

では次にどうしたらごみ屋敷を作らせないようにできるのでしょうか。

根本的な解決法はハード(ごみ屋敷)ではなくソフト(住人)なのです。

きれいにごみ屋敷を片付けておしまい、ではないのです。

なぜならごみ屋敷を作る原因は「家」そのものではなく、その家に住む「住人」に起因しているからなのです。

例え外部の協力のもとで家をきれいにしても、住んでいる人の中身が変わらなければ、結局は時間の経過とともに元のごみ屋敷に戻ってしまいます。

ですからごみ屋敷を根本的に解決するためには、ごみ屋敷を片付けることではなく、そこに住む住人の中身・考えを変える必要がありますよね。

そのため、ごみ屋敷の処理でなく、住人の精神的な部分のケア、地道なカウンセリングであったり、その後のサポートなどが今、求められているのです。

「自分で片付けたいけど自分ひとりの力だけじゃ片付けられない。」・「友人・知人のごみの片づけを手伝ってやりたいが我々の力では到底無理」・「忙しくて片付けられない」など、ごみ屋敷で困ったら、すぐに専門業者に相談して頼むのも一番早くてスムーズな方法ですね。

自由と責任

 一時期ごみ屋敷がブームとなり色々なメディアで報道されていましたね。

今は一連のごみ屋敷ブームは去りましたが、今度はごみ屋敷の住人に焦点を当てた報道をよく見るようになりました。

ニュースなどでごみ屋敷を撤去しようとする動きに対して、人権侵害だと意見する人も多くいますがこの意見はどうなのでしょうか。

確かに人間は自由であるべきなのですが、自由であるからといって何をしても良いとは限りませんよね。

自由を得るためには、責任を負う必要もあるのです。