ごみ屋敷片付けは専門業者に依頼しよう

 ごみ屋敷に悩む人が増えているせいか、ネットで検索するとかなりの数の専門業者がヒットし、実際に存在しているようです。

中にはいい加減な業者もいるようですが、そんな業者に引っかかるのは誰しも嫌ですよね。

ここでは信頼できる専門業者を選ぶためのチェックポイントを挙げてみます。

まず最初に廃棄物の収集運搬許可を持っている業者かどうか確認しましょう。

行政からこの許可がなければごみ処分に従事することはできません。

業者の「産業廃棄物収集運搬許可番号」を確認してください。

ちなみに、「古物営業許可」は不用品買取りには有効ですが、有償でごみ処分を請け負うことはできません。

このポイントは間違えないようにしたいですね。

次にHPやチラシなど料金表示が明確な業者を選びましょう。

どうしても料金に幅が出てしまうので、はっきりとした料金設定とはいきませんが、「○○円〜」と最低料金だけでも明示してあれば、ある程度の判断がつきますね。

複数の業者について料金を比較してみれば、標準的な料金設定も分かってくるでしょう。

もちろん見積もりを取って料金表示との差がないかどうか、チェックは必ずして下さい。

この時点で、作業依頼後に追加料金が発生することがないかも確認しましょう。

もちろん料金が安いに越したことはありませんが、あまりに安い業者は怪しいと思っていいかもしれません。

様々な経費を削ったとしても、ごみの処分には相応の費用がかかるものです。

それを無視した料金設定は不可能でしょう。

悪徳業者である場合は不法投棄も考えられるのでできれば避けたいですね。

個人情報の保護もしてくれる業者がオススメ

 また即日対応や日時指定は可能か、ハウスクリーニングはやってくれるか、予算に合わせたプランを提案してくれるかなど、こちらの希望にどのくらい応えてくれるかもチェックしたいところです。

こちらの希望が予算を上回る場合には、事前に予算内でできる最良のプランを提案してくれる業者なら、さらに安心ですね。

守秘義務や個人情報の保護も徹底して欲しいものですね。

ごみ処分の依頼にはさまざまな理由があります。

人に知られたくないなど事情がある人も多いでしょう。

ごみ屋敷自体もできれば人に知られたくないですよね。

そういった守秘義務に関して明確な方針をもつ専門業者を選びましょう。

守秘義務を重要視している業者は、作業中の配慮(大きな音を立てない、できるだけ目立たないなど)も行き届いているのではないでしょうか。

個人情報の記載された不用物の処分にも対応ができるか確認してくださいね。

環境への配慮として、ごみの分別をしっかりしている業者を選びましょう。

中には適当にごみを回収して不法投棄する悪質な業者もいるので注意してください。

まだ使用可能なものに対しては、修繕や買取りを行っている業者もあるので、資源を有効活用したい人はこういったサービスのある業者を選ぶといいですね。

ごみ屋敷の悩みを解消する近道

 ごみ屋敷をつくるきっかけや原因は人それぞれだと思いますが、ごみ屋敷の居住者に共通しているのは「ごみが増えれば増えるほど片付ける気力が無くなっていく」という気持ち、です。

これは悪循環ではないでしょうか。

さらに悪いことに、ほとんどの人はそれを悩みに感じつつ暮らしているということです。

おそらく「これだけのごみを1人で片付けなければいけない」というプレッシャーが、より精神的な負担を大きくしているのでしょう。

ですから、手に負えないと感じたごみ屋敷の片付けは、思い切って専門業者に頼んでしまうのが悩み解消への近道だと言えます。

1日も早く信頼できる専門業者に片付け依頼をして、悩みのタネを減らしてしまいましょう。