ごみ屋敷の危険

 ごみ屋敷の危険、と聞いてまず思い浮かべることは火事ではないでしょうか。

よく考えてみると引火しやすいものだらけですよね。

適度に整理された部屋なら問題にはならないのですが、ちょっとしたきっかけ(タバコを落とす、キャンドルが倒れるなど)があれば、また膝のあたりまでごみが堆積されていればまず火災になるでしょう。

ごみ屋敷から発生した火災は年々増加しているとの報告もあるようですから注意が必要です。

またごみ屋敷で発生した火災は広がりやすく、近隣にも大きな迷惑が及びます。

さらに消火活動の際、ごみ屋敷の侵入に手間取るので、救助が間に合わない危険さえあります。

発生すると間違いなく隣人にも迷惑をかけてしまい、場合によっては命を奪う可能性も十分あります。

一戸建てならば我が家を失うことになりますし、賃貸の場合は周囲への影響も考えなくてはならないので十分注意したいですね。

さてごみ屋敷が火災を起こしやすくしているのは外観ではないでしょうか。

このような家は住人があまり外に出ず、外の騒ぎを気にしないと考えられており、放火の対象とされてしまいます。

放火を免れても、埃がコンセントに入ったり、ごみによるガスが充満した状態でライターを使ったりするだけで瞬時に発火することもあるでしょう。

このようなトラブルを避けるためにも、ごみ屋敷は早々に対処すべきなのです。

身体的影響

 ごみ屋敷の内部ではごみが天井近くまで積み上げられることもあり、注意する必要があります。

ごみが不安定に積み上げられていますので、いつどのように崩れてきてもおかしくないですからね。

雑誌・新聞等になると重量も相当なものになるでしょう。

自分の上に崩れ落ちてきてもおかしくないので、居住者はもちろん・片付ける方も是非気を付けたいところです。

またごみが丸いもの・柔らかいものばかりとは限りません。

見えないところで、尖ったもの・危ないものが紛れているかもしれません。

見えているものが全てではないと思ったほうが良さそうですね。

長い期間掃除がされていないごみ屋敷ではごみやホコリ溜まっていき、カビ等が発生します。

アレルギーの原因になるケースも見受けられ、人体に害を与えることはお分かりですよね。

ごみ屋敷では生ごみも含まれていることが多く必然的に悪臭も発生します。

こうした腐臭に敏感なのがゴキブリやネズミです。

このような家は絶好のエサ場となります。

悪い環境に身をさらしていると、身体的な健康だけではなく健全な心を維持することも困難です。

ごみ屋敷になる前に、何より病気にならないように、意識して片付けを習慣化するべきでしょう。

衛生的影響

 ネズミなどは、家電のコードを噛んでしまう危険性もがあり、最悪の場合、火災に発展してしまう恐れがあります。

この場合、近所にも影響を及ぼす可能性があり、人の生死に関わる問題に発展するケースも考えられます。

また夏場などは、ごみが溜まるだけで悪臭を放つようになります。

そして動物や昆虫のエサ場となり、糞を落としていき衛生環境は悪化の一途をたどります。

現在は悪臭が酷くないとしても、野良犬や野良猫などを呼び寄せていずれ近所に悪臭を漂わせてしまう可能性もでてくるでしょう。

部屋にある服などにも臭いがつくので、外出時に気をつかいますし、部屋の外にまで臭いがもれてしまうと近隣の住民の迷惑になり、トラブルの原因に発展しかねません。

ごみ屋敷の問題は社会問題になっているほど深刻なものです。

しかしごみやものが増えすぎて困っているのは、ごみ屋敷の住人だけではありません。

そうなると日常生活で、意識の持ち方から変えてみる必要がありそうですね。

とはいえ、今までできなかったことが突然できるようになる人はそうはいませんね。

一気に片付けてしまうより、日常生活での意識の持ち方から変えてみてはどうでしょうか。

後でまとめてやろうと考えるよりもすぐに片付けてしまった方が抵抗感なく片付けられます。

無理に一度に片付けるより、まずは総数を増やさないことを癖づけてみるといいですね。