高齢者のごみ問題

 高齢者にまつわる様々な問題は社会的にも非常に大きな関心を集めています。

ごみ屋敷の問題などは複雑な事情もあり、そう簡単に解決できるものではありません。

しかし、老いは誰にも必ずやってくるので決して他人事ではなく明日は我が身であることを十分に意識しておく必要があるでしょう。

高齢者が抱える問題の1つに孤独死そしてごみ問題があります。

この2つは一見無関係そうですが、実は深い部分でつながっており、深刻な問題になっています。

なぜごみ問題と、孤独死がつながっているのでしょうか。

それはどちらも、単身の高齢者が抱えやすい問題と言えます。

単身での生活では、体調を崩したり、体が自由に動かせなくなると、家事ができなくなることも当然あります。

ついついごみを溜めこんでしまって、ごみ屋敷になってしまいます。

最初はなんとかしようと思っていても、どうすることもできない状態が長く続いてしまえば片付けを放棄してもおかしくないですね。

そして、そのまま独りでひっそりと死を迎えることになったとしたら・・・。

孤独死の多くはごみの中で亡くなってしまうケースが多いようです。

家事やごみ出しができない生活に陥ってしまえば仕方がない、むしろ当然でもあるのですが、少しでも解決できないものでしょうか。

もちろんそのような問題については社会的に解決するのが一番ですが、もっと周囲にいる人達で手助けできればいいですよね。

高齢者に多い原因とは?

 ごみ屋敷に至る背景はまさに人それぞれで理由が異なります。

特に最近は親が住む実家がごみ屋敷化していることに悩む人が増えています。

では高齢者のごみ屋敷の原因と対策について考えてみましょう。

よくある話としては、久しぶりに実家に帰ってみたら足の踏み場がなくがく然。

親に対して思わず「何、これ!?」と声を荒げてしまいますよね。

勝手に処分したり、それがきっかけで親子げんかになったり、果ては家庭崩壊を招くことにも。

高齢になった親の住まいがごみ屋敷になるのはなぜなのでしょうか。

・ 気力の低下若い頃はきちんと整理整とんしていた人でも、高齢になると何をするのも億劫になってしまいます。

特にひとり暮らしの場合は、掃除しなくても誰も困らないという気持ちが芽生えます。

気力が失せてしまうのが原因の一つでしょう。

・ 身体的な原因足腰が弱り、本やダンボールなど重い物を持ち上げられなくなります。

ごみ出しも苦痛になり、最初は小さなごみの山が次第に積み重なっていきます。

・精神的な理由周囲の人にはガラクタに見えるものでも本人にとっては大切な思い出の品というものがあります。

特に高齢者は記憶力に不安が芽生え、ちょっとした新聞の切り抜きやメモまでもそばに置いておきたいという気持ちになります。

また、判断力が鈍り捨てていい物とそうでない物を判別できない場合もあります。

・生きてきた証し記念品や表彰状など過去の栄光は捨てられないですよね。

・もったいない戦時中のものがない時代を生き抜いた世代にとって、ものを捨てるのは「もったいない」と考えます。

「いつか使うかも知れない」という気持ちが働き、どんどんものが溜まって行きます。

どのような対策が可能か

 上記に述べた理由で高齢者のごみは簡単には捨てられないものばかりです。

しかし、周囲から見れば「もう使わないもの」と思いがちです。

特に親が入院している間に片付けてしまうと、退院後に「大切なものがない」と言って悲しんでしまいます。

そういった精神的なショックは「認知症」を引き起こす可能性もあるだけに、絶対に無理は禁物ですね。

思い出の品やこだわりがあるものは「この部屋にまとめておこうね」と納戸など部屋を決めて保存しておくと良いでしょう。

また、「これはいつの?」など親の思い出話などを聞きながら一緒に整理すると、気持ちが落ち着きますね。

いくら親子であっても、しばらく会っていない間に見えない溝ができることもあります。

また、早く片付けたいという気持ちで臨むと強硬な態度にもなってしまいます。

それでは片付くものも片付かなくなってしまいますから思いきって業者へ相談して下さい。