清掃後の害虫問題

 業者等に依頼して、いくらごみ屋敷がきれいに生まれ変わっても、害虫・においの問題が残っています。

片付けを業者に依頼した場合、害虫・消臭の問題も業者に任せるでしょう。

しかし個人で頑張って片付けしている場合は、さらに害虫・消臭の問題という困難が待ち受けており、ここで力尽きる方もきっと多いですね。

では業者へ害虫問題等を依頼する場合、どの段階で駆除するのでしょうか。

一般的にごみ屋敷の片付けは下記の手順となります。

・部屋に溜まった生活ごみの山から必要な物と不要な物に分別・梱包作業をする・速やかに搬出する・搬出作業が完了したら部屋の清掃作業・目に見える害虫の駆除から目の届かない場所に生みつけられた卵の駆除(目に見える害虫の駆除はもちろんのこと、壁の内側や床下など建物の構造を分析した上で、徹底的に駆除、再発防止施策)・一般的な清掃では戻せない壁紙やフローリングの交換や畳替え、ガラス交換や水回りの修理などの原状回復・害虫の発生やゴミの臭い、様々な臭いなどを解消・退去に伴う家(部屋)全体のハウスクリーニングまたはリフォームこのように通常であればごみを搬出した後に害虫駆除を行います。

ただしごみ屋敷の程度により搬出しながら害虫駆除を行う場合もあります。

薬剤等で害虫駆除を行った場合、害虫の死骸も相当な量で、これらを見るだけで気分が悪くなる場合もあるでしょう。

ですからごみ屋敷の片付をしている途中であっても、自分達の手に負えないのであれば早めに業者へ相談したほうがいいですね。

清掃後のにおいの問題

 業者には「きれいになったのに臭いが取れない」という依頼もあります。

その原因の多くは、床下にまで腐敗した液体などが染み込んでいる場合です。

臭いの元が残っていては、いくら床の上をきれいに清掃しても臭いを取ることはできません。

この場合、床下に染み込んでしまった臭いの元を完全に取り除いた上で、専用のオゾン消臭器を使い、状況に応じ適切に処理、臭いをしっかりと取り去ります。

消臭作業では臭いを取り除くだけではなく、同時に除菌も行っています。

使用する溶剤には除菌の成分が含まれており、またオゾンは空気中の菌を分解し酸素に変換しますので高い除菌効果が得られるでしょう。

汚れを除去した後でも目に見えない無数の細菌が残留しておりますが、消臭と同時に除菌されますので安心ですね。

一般的に消臭にはオゾンを利用することが効果的ですが、人体に影響はないのかと心配される方も少なくありません。

気になるオゾンは、消臭完了後に機械にてしっかりと回収、乳幼児やペット、高齢者など免疫力の弱い方にも影響がないよう配慮し作業しているようです。

昨今、残念ながら作業後に「まだ臭いが残っている」といったトラブルが多発しているようです。

嗅覚というのは個人差があり、眼で確認できない「臭い」だけに、マンションなど管理会社のほとんどが、業者による消臭作業に満足していないという意見を聞きます。

その場合、現場ごとに臭いの質、濃度を数値化し、ビフォー&アフターで消臭の進捗、結果を視覚で確認できるようにするそうです。

もちろん、臭いを数値化するのはどのような臭いにも対応できる消臭技術に自信を持っているからですね。

具体的に使用する臭気判定装置では、一般的なアンモニア系センサー、硫黄系センサーに加え、ナフタリン・トルエン・有機溶剤系などの揮発しても空気より重い分子に反応する重質系センサー、アルコール・アルデヒドなど揮発性の高い軽い分子に反応する軽質系センサーの4項目の臭いを数値化して、取得した情報を元に、消臭の施工方法を考察します。

数値化することで消臭経過も視覚で状況判断ができ、数値が高いところを軽減するように、的を得た施工が可能になります。